健康に保つ | 予防資料センター

XXIV. 伝統的セクト

厳密に言って、セクトとして見なされる運動は「分離した信者」、つまり教義、実践、あるいは組織の違いのせいで主流教会から分離してはいるものの、その広い伝統の大部分を共有している団体を構成する運動です。 かつてのいくつかのセクトがデノミネーションとして見なされる地位に一段進むのを許すものは、共有の要素と、時の経過による違いの重要性の減少です。 デノミネーションは一般的に、お互いに対する親密で均等な尊敬を共有します。 広い社会と緊張がある問題(そのような緊張はセクトと呼ばれる運動の典型的状況ですが)が解決されるか、消し去られるにつれて、それらはデノミネーションとして認識されるようになります。 したがって、バプテスト派、キリストの弟子、ナザレン教会、そしていくつかの点でメソジスト派さえも、すべてがセクトからデノミネーションへの過程を通過した団体の例です。 これらの運動に対する(ヨーロッパにおける)法的規制とそれらが被った社会的恥辱が、少しずつ、そして最終的には軽減されたように、ある特定の運動が徐々にデノミネーションの地位を認められるようになることはまた、広い社会での寛容の成長を意味します。

しかし、すべてのセクトがデノミネーションへと発展するわけではありません。それは、それらが始まった状況と、それらの教えが特徴付ける世界に向けた方向性のタイプに大きく依存します。 エホバの証人とキリスト・アデルフィアン派のような早期キリスト再臨を信仰の主要な焦点としているセクトは、広い世界とセクトの緊張状態のままでいる傾向があり、激しい伝道計画を遂行する場合は特にそうです。 排他的(すなわちプリマス)ブレザレンのような(これもまた早期キリスト再臨の信仰を支持しますが)、それらの中心的関心事を、本来邪悪と見なされている広い社会から、自分たち自身の排他的共同体に引き下がるセクトもそうです。 このような、セクトと当局との間に、時にはセクトと一般大衆の間に存在する緊張は、あらゆる刑法の問題だけではなく、セクトが、市民に一般的に要求される責任に参加することを拒むことに集中させられる傾向があります。 例えば、彼らは概して兵役に対する良心的な反対を行っていますし、いくつかのセクトの例では、陪審員の義務または労働組合員であることが特定の産業で実際または実質的に強制されている国々(英国とスウェーデン)で、組合員になることを免れようとします。 時が経過し、合衆国におけるエホバの証人の、国旗に敬礼すること、または学校の集会やその他の公的な儀式での国歌斉唱に参加することを免れる権利のように、国から次の国へと、そのような良心に基づいた権利は次第に認められてきています。 これらや他の例のようなキリスト教のセクトは、国内、時には国際法廷で訴訟を闘ってきて往々にして勝訴し、そうしている間に宗教の自由の領域を拡大しました。 しかし、最終的にデノミネーションへと一段進んだセクトと同様に、それらは、特に新しい運動としての最も初期の時代に、しばしば迫害、差別、嫌がらせを受けていました。

XXV. 新宗教に対する反対
白書をダウンロード