健康に保つ | 予防資料センター

II. 現代の宗教の多様性

過去50年間で、西洋社会で宗教の多様性は著しく増加しました。 新しい宗教団体の数が劇的に増加し、いくつかの宗教団体は新たに西洋に輸入されたもので、それは主に東洋からでした。 より以前の宗教の多元的共存は、ほぼキリスト教内の変化に限られていましたが、それは拡張し、霊性の新たな概念と他の宗教的伝統から派生した新しい運動を含むようになりました。 これらさまざまな団体の方向性、教え、実践、組織形態は、元々あったか輸入されたかにかかわらず大きく異なっており、伝統的な教会あるいはセクトに対応する特性とはしばしば完全に異なっています。 しかし、ここではっきりとさせておきたいのですが、国際規模の団体から宗教の自由が求められたことと、新しい宗教運動が急増したことが同時発生したのは幸運でした。 国際機関の決議は、特にこれらの新宗教の寛容の問題に向けられているわけではありません。 むしろ、それらは主に共産主義社会における宗教の自由と関係があり、また宗教の多元的共存社会における、異なる主要宗教間の友好のためのものなのです。 西洋にそれほど多くの新しい精神的少数派が出現したのは偶然であり、国際機関によって是認された寛容の精神(それらは確かに寛容を受けるにふさわしいものですが)は、それほど容易にはそれらに及ぶものではありません。

III. キリスト教伝統における寛容
白書をダウンロード