健康に保つ | 予防資料センター

XIV. 宗教の多様性:仏教

仏教は、宗教とは必然的に一神教であるという、暗黙の憶説に異議を唱える宗教の主要な例として際立っています。 仏教は一神教の信仰体系ではなく、仏陀自身が救済者であるという考えに強く傾倒している、日本の浄土宗と浄土真宗のような仏教のセクトにおいてでさえ、仏陀を創造主の神だとは考えません。 仏教は概して、さまざまな神々の存在と活動を否定しません。それらは、いくつかの仏教のセクトにおいては、崇拝と慰撫(いぶ)の対象であるかもしれないとはいえ、それらは仏教の教えの中で明らかにされている物事の仕組みにおいて、本質的な役割は与えられておらず、全くのところ、人間のようにカルマ(業)と転生の法則に従っていると考えられています。 仏教の特徴を説明するために、西洋の学者によって一般的に最も古い伝統として考えられているスリランカ、ビルマ、タイ、カンボジアの仏教である、上座部仏教の教えの簡潔な概要は以下の通りです。

XV. 上座部仏教
白書をダウンロード