健康に保つ | 予防資料センター

サイエントロジスト流の儀式と生活様式

ハバードは、彼の支持者によって創設者と呼ばれています。 これは、「創設された」宗教と「民族的」宗教との比較研究における重要な区別と一致します。 前者は、当時自分がそれを創設したとは考えていなかった時でさえ、その起源はある人物(イエス、孔子、老子)に帰着します。 後者は、記憶されるべき名前はなく、口頭による民族伝承があります。 創設された宗教の構築過程における必要な過程は、師の周りに集まり、彼に従う準備ができている支持者を取り巻くグループが現れた時に起こります。 1954年に何人かがサイエントロジー教会を設立することを決定した時、L. ロン ハバードは自然にその精神的リーダーになりました。 成長する教会の監督としての任務から引退することを決定した後、創設者の地位は時が経つにつれて伝説となりました。

ある宗教の創設者の肉体的な死に続く危機的な瞬間は、サイエントロジーの歴史において、それほど問題になりませんでした。なぜなら、ハバードは生前に教会の指導者として正式な職務から退いていたからです。 彼が1986年に亡くなる前に、創設者に敬意を表し、世界中の各サイエントロジー教会が彼の部屋を設けました。 それがどのように起こったとしても、この種の過程は、宗教の現象学的な比較において、新旧の宗教(それ自体が誰かによって設立されたものとしてみなしている)の形成に不可欠なもののひとつであることがわかっています。

サイエントロジー教会、ミッション、その他のセンターや本部は、労働社会的な環境を示していますが、常に崇拝の場所、毎週の献身のための神聖な場所、家族の儀式が含まれています。 創設者の精神は、人間の生存に関するサイエントロジー教典によれば、「L. ロン ハバードが1986年に死去し、彼の肉体を離れた」後でも存在することが彼の多くの著書やフィルムによって描かれています。

サイエントロジー教会には創設者の生涯と教えに関する独自の神話があります。 また、創設者の人生における記念日や教会の歴史を記念して、毎年記念日を設けています。

シー・オーガニゼーション(またはシー・オーグ)は、ハバード氏が教会の総代表として彼のオフィスから引退し、船上で自らの著作に専念すると決めた時、1967年に結成された特別な教団です。 最初に彼に従った人々が、新しく設立された宗派の中核グループとなりました。 時が経つにつれて、このグループは教会の最も敬虔(けいけん)なメンバーの中核として見なされ、尊敬される神話的なモデルになりました。 シー・オーガニゼーションのメンバーは全員、より高いレベルの教会のスタッフとして奉仕することによって、この宗教のためにフルタイムで働いています。 彼らの献身の証しが、「次の10億年間」というシー・オーガニゼーションの雇用契約です。

このような教団は、多くの点で、イエスやマホメット、ブッダになった時にゴータマ王子を取り巻く修道僧グループのような、世界宗教の創設者を取り巻く弟子のサークルのひとつが思い起こされます。 それは宗教的な神話と象徴主義の非常に具体的な現れです。 ですからそれらが、私たちがサイエントロジーは新しい宗教であると結論を下す根拠のひとつなのです。

教会の教団メンバーの典型として、彼らは、教会のためにまた教会で働くために、大部分の時間を費やす一種の家族を形成し、同時にお互いの日々の経済的ニーズを満たし、子供たちの世話をしています。 このようなライフスタイルは、非常に包括的であり、シー・オーガニゼーションのメンバーは通常、その中で家族を確立します。 シー・オーガニゼーションのメンバーが着用している共通の海軍のユニフォームは、感情的なレベルと社会的なレベルの両面において重要な統合要素です。

教会員の大多数は、サイエントロジー教会のオーディティング、コースおよびその他のサービスに参加しますが、教会の外に居住し、働いています。 彼らは、さまざまな分野の人たちで構成されています。 彼らは地元のサイエントロジー教会員や宗教共同体の一員であり、程度の差こそあれ、自分の人生においてサイエントロジーを自分の宗教として方向付けています。 彼らはサイエントロジーのエシックス(倫理)の規律と基準に従って生活し、サイエントロジーの原則と方法を自分の人生に適用し、子供たちにサイエントロジストとして生き、行動するように育てています。

神話的ですが、サイエントロジーの教えにおけるこの精神的なつながりは、通常の人間の存在の境界を超えています。 ヒンドゥー教や仏教の教えである輪廻(生まれ変わり)の代わりに、サイエントロジーは「過去の人生」について特別な教義を発展させました。 サイエントロジストは、クリアーの状態や機能しているセイタンに移行するオーディティング中に、より以前の人生について話すことがあります。サイエントロジーの精神的な啓発への道筋の最終段階として、仏教の悟りを思い起こさせる心の調和に到達します。

サイエントロジー教会は、聖職者教育の特定のコースを終えた後、聖職者を叙任します。 そのトレーニングを受けて叙任された聖職者は、男女ともに、儀式のハンドブックに従って儀式を担当します。 この重要な聖なる行為は、毎週日曜日の教会サービスに関する進行と、人間のライフ・サイクルの重要な瞬間を扱う「通過儀礼」の両方を扱います。 サイエントロジー教会は、命名式、結婚式、葬式のためのいくつかの型を、創設者によって述べられた規範的な説教で正確に行います。

VII. 宗教間交流におけるサイエントロジーの役割
白書をダウンロード