健康に保つ | 予防資料センター

結論

上述の私たちの詳しい調査は、多くの新しい宗教が存在する現代世界では、 「religio」というラテン語の概念の解釈に基づく狭義の定義よりも、宗教とその世界的な多様性に対するよりオープンな見方が必要であり、 今でもいくつかの政府関係者によって繰り返されることがあります。 宗教のカテゴリーに含まれる5つの要素は、上記でまず全般的に詳述し、それからサイエントロジーに限定して詳述したものです。1. 知性的要素、2. 感情的要素、3. 活動的要素、4. 社会的要素、5. 文化的要素。

私たちの見解によると、サイエントロジーが新しい宗教とみなされる理由は数多くあります。 特にその分類に適合しているのは、それがまさに「宗教」という言葉の極めて西洋的な意味を持った、西洋発祥の現代的宗教であるということです。 それは明らかに、より広く社会に宗教的メッセージを伝えるのに、現代的な社会・文化ネットワーク・メディアを利用して西欧諸国に出現した新しい「宗教性」の現れです。

包括的なネットワークの利点を活用しようとする意欲的な努力の中で、これは私たちの時代において最も「現代的」で「議論の余地ある」宗教のひとつとなっています。

包括的なネットワークの利点を活用しようとする意欲的な努力の中で、これは私たちの時代において最も「現代的」で「議論の余地ある」宗教のひとつとなっています。

いわゆる新宗教の多くの典型は、実践する人自身ではなく、学者によって「宗教」として分類されている、ということです。 確かに、組織化された手続きを確立するのではなく、いくつかの新しい宗教運動は、あまり堅苦しくない集団を好みます。 例えば、近代ヒンドゥー教のヨガや瞑想グループには組織がなく、「宗教的」と見なされることを嫌います。 しかし、最近の進展において、その中には必要に応じて、「宗教的」な社会の形成を規制する連邦または国内の法律に従い、「科学的」な社会として「登録」されたものもあります。

1954年の設立以来、サイエントロジー教会は、常に組織を特定し、宗教団体として認められるように取り組んできた数少ない新しい宗教のひとつです。 実際、サイエントロジーは世界中のさまざまな文化の多くの公的機関によって「教会」と「宗教」として認知されています。

教義とサイエントロジー教会自体は、20世紀に生まれ、メッセージを伝えるのではなく、公的な講演をしたいという現代アメリカ人のビジョンに基づいている、という事実と関連しています。 初期のL. ロン ハバードの執筆や教育は、実験的で精神哲学的なものを試みており、宗教的な考えではありませんでした。 ダイアネティックスは、ハバードがその後の研究においてその精神的な側面と古代世界の宗教との精神的なつながりを発見した時、サイエントロジーとなりました。

サイエントロジーの教えは、さまざまな宗教や哲学の伝統を背景にしています。 創設者によって開発され、明らかにされた新しい「書物的宗教」のメッセージは、神聖な教典の資料によって忠実に記録され、保存されます。 それらは全体として、宗教上の経験、儀式、より多くの行動、そして教会の社会構造を文化標本とともに提供しています。

サイエントロジー教会の包括的な社会組織は、そのすべてのネットワークと文化的基盤とともに、「宗教」団体としての特徴を持った社会の本質を示す重要な証しとなっています。 シー・オーガニゼーションという教団の海事神話は、教会の目標に完全かつ永遠に彼らの人生を約束することを決めた人々のための社会構造の基礎を形成しています。

ヨーロッパおよびスカンジナビア諸国にある、教会の本部の教会員たちと接触する限りにおいて、教会は、愛情や意欲のレベルで宗教的と呼ぶことができる生活様式や経験などももたらしています。

したがって、私たちはサイエントロジーが宗教であることを発見しました。

X. サイエントロジーに関する情報源について
白書をダウンロード