健康に保つ | 予防資料センター

I. 宗教的不寛容の伝統

キリスト教の初期から、西洋社会は宗教に対する強力かつ意識的な不寛容の伝統を受け継いでいる。 キリスト教徒の献身は排他的なものであった。 キリスト教は、それこそが唯一の真の信仰であり、それ自体が全人類の普遍的な忠誠にふさわしいものであると宣言した。 それは自由意思に基づく信仰であったため、全人類を改宗して帰依させるために、初めから容赦なく改宗に取り組んだ。 この独自の属性が、初期のキリスト教と同時代の他の宗教ムーブメント(民族に基づいたユダヤ教、広く行われている秘跡、そして他の宗教に対して寛容、または少なくとも他の宗教に対して無関心、または関心を持たない皇帝崇拝など)との区別をもたらした。 中世のキリスト教では、その異教徒の信仰(改宗させられるべき信徒)に対する強引な改宗が続き、キリスト教信仰に対する不規則または異端的な徴候には、抑制に対してさらに厳しい方針が発達した。 異端は死によって罰することができた。トーマス・アクィナス(1225-74年)によって神学的に正当化されたその方針は、異端審問(1232年に設けられ、1820年にようやくスペインで廃止)によって容赦なく実施された。 宗教改革によって、ひどい不寛容の形態は減少したが、キリスト教による「逸脱者」に対する姿勢に向けられた敵意は、最も寛大で進歩的であった新教徒のいる国々においてでさえ継続した。

II. 「新しい」ムーブメントの経験
白書をダウンロード