健康に保つ | 予防資料センター

V. 矛盾する非難

ある宗教が(宗教とは「古く」なければならないという一般的な考えが支配的な社会において)「新しい」という事実のために敵意が刺激されるのに加え、現代のさまざまな新宗教が、それ自体にある特徴のために攻撃されることがある。 そのような攻撃は、単なる矛盾にまでそれて行ってしまうことがある。 したがって、いくつかの新宗教(メンバーに日常生活の主要な活動に参加することを奨励する)は、主要な社会施設や企業に「潜入している」ように見られ、コミュニタリアニズム(共同体主義)を実践するその他のグループは、地域社会と分離した生活スタイル、そして主要な社会活動から人々を引き離していると批判されている。 ある宗教は、その快楽志向や性行為、薬物使用に寛容な態度に対して非難を受け、他のものは、若者たちを非常に禁欲的な人生に耐えるよう勧めることに対して同様に敵対的な非難を受けている。 さまざまな社会の力が現代の家庭崩壊を促している時代において、新宗教が「家庭を崩壊する」と、攻撃の矢面に立たされることがある。 そのような攻撃は、いつもながら新しいムーブメントに対する非難に向けられ、正当な理由などなく、似たような非難が過去何世紀にもわたって修道ムーブメントに対しても行われていた。

VI. サイエントロジーへの敵対
白書をダウンロード