健康に保つ | 予防資料センター

III. 現代の新宗教ムーブメント

時間の経過とともに、かつての新宗教ムーブメントに対して、より大きな社会からの受容性を得られる傾向がある。 一世紀かそれ以前にはセクトやムーブメントだった、セブンスデー・アドベンティスト教会、モルモン教、エホバの証人などは、よく知られるようになり、事実上容認されるようになった。 また頻繁に社会の非難の犠牲者である一方、彼ら独自のやり方で機能することが次第に許されてきた。 しかし、差別や反対が存続し、新たに生まれた宗教団体に関しても、その状況は以前のように持続したが、 過去50年の間に西洋社会における新宗教の数は劇的に増えた。 いくつかは主要な東洋の信仰の変形から派生したものであり、その他は宗教的伝統における要素のさまざまな再評価から現れた。 しかし、先住民の民間宗教を利用したものであるとか、古代の異教信仰の現代版であると主張する人もいる。 また、自然科学、コミュニケーション技術、さまざまな形態の精神療法における進歩に対応して、精神的な反応として現れたという人もいる。 多くの人々が人間の潜在能力に目覚め、解き放つこと、そして現代社会における人間の増大する世俗的な経験に対して、精神的な面を開拓しようとしている。 この分野の学者たち誰もが、これらの新しいムーブメントの多様性を強調しており、それらのムーブメントに共通してあるのは唯一、それらの出現が同時代であったことである。 しかし、ここではっきりとわかるのは、この新宗教ムーブメントに関する、著名人による発言やメディアでも明らかなように、これらのムーブメントがステレオタイプ化された、ひとつのものにされる傾向があることである。 この傾向自体が新宗教の公正な扱いに良くないことは明らかである。 良くも悪くも、ひとつのムーブメントによる、公共の善に反する行動や態度が公然と非難された場合、その主張(一般大衆がよく知らされていない、それぞれの特定の立場や活動に関するもの)は、そういったムーブメント全体に移行しやすい。 これらのムーブメントはほとんど知られていないので、誤解、噂、神話、中傷がそれらの評判を容易に増大させる。 メディア自体がそのように機能するので、ある疑惑が生まれると、報道関係者はより以前のメディア・レポートに頼り、確証があろうとなかろうと、それを馴染みのストーリーで何度も繰り返す傾向がある。こうして社会学者が「否定的な即興の事件」と呼ぶものをつくり上げる。

IV. 病理学的な事件の影響
白書をダウンロード