健康に保つ | 予防資料センター

VIII.南アフリカにおけるサイエントロジー

1970年代初め、アパルトヘイト政府は、南アフリカでサイエントロジー教会の宗教的地位を否定しようと試みました。 政府の調査委員会は、サイエントロジーは聖書を神の言葉として説教していなかった、それは罪と改心の「健全な教義」を促進しなかった、人類の唯一の救い主としてのキリストを公言しなかったため、「真の教会」として認識されるべきではないと主張しました。 この調査委員会はサイエントロジーの禁止を奨励しないことを決定しましたが、サイエントロジー教会には南アフリカの教会や宗教として数えられるのに必要な「神聖さ」が欠けていました。34

皮肉なことに、この公式委員会は、南アフリカへの支援を提案した宗教運動の合法性を認めることを拒否しました。 サイエントロジー教会が委員会への返答で指摘したように、教会と創設者は「南アフリカの原因を擁護するのに積極的」でした。35サイエントロジー教会は原則的に非政治的宗教であり、いかなる政治的な信念や関与する人々にも開かれた教会でしたが、L. ロン ハバードは国際共産主義との戦いにおいて南アフリカに対する支持を表明しました。 1961年にハバードは「恐らく世界で唯一、破壊と真に戦う意志を持つ国は、南アフリカでしょう」と書きました。 しかし、ハバードは、軍事的解決策の代わりに、サイエントロジー教会の宗教技術を提供しました。 「この流れを変えるには、銃ではなく、Eメーターを使う」ように奨励しました。36

1960年代の初め、南アフリカを巡ったL. ロン ハバードは、この国と国民に明確な関心を示しました。 サイエントロジー教会の標準的な参考資料として、「1960年代初めに南アフリカを訪問した後、彼は大規模な社会の混乱と、黒人社会と白人社会の間での深刻な亀裂を予測しました。 災害を避けるために、彼は対策を勧告し、この国の大多数の黒人の識字率を高める技術を提供しました。371975年にサイエントロジーの法的承認に合わせて、教会は南アフリカで「勉強の技術」を利用できるようにするため、アプライド・スカラスティックスの国際プログラムの関連組織「エデュケーション・アライブ」を設立しました。 サイエントロジー教会によると、「南アフリカでは、これらのプログラムは、200万人以上の貧困層のアフリカ黒人が、アパルトヘイトの壁が崩壊する前、あるいは世界が気付く前に、勉強能力を向上させるのに役立ちました。」38

アパルトヘイト時代を通じて、教会はバンツー族の教育、メンタルヘルス関係者による人権侵害に対する激しい抗議キャンペーンに積極的に参加しました。 教会が主張したように、精神医学は、人種分離を正当化し、南アフリカ黒人の人種差別的抑圧を強化するために、アパルトヘイト勢力に役立ちました。

アパルトヘイト時代を通じて、教会はバンツー族の教育、メンタルヘルス関係者による人権侵害に対する激しい抗議キャンペーンに積極的に参加しました。 教会が主張したように、精神医学は、人種分離を正当化し、南アフリカ黒人の人種差別的抑圧を強化するために、アパルトヘイト勢力に役立ちました。 教会は、精神病院における黒人患者の非人道的治療を特定し、摘発することに奮闘しました。 このキャンペーンによって、教会はアパルトヘイト政府と戦うことになりましたが、南アフリカのメンタルヘルス専門家の人種差別に対する懸念は、1977年に世界保健機構(WHO)によって表明されました。「南アフリカの医学分野において、人種差別によって培われた人間蔑視を正確に言い表しているものは精神医学以外にはない。」39教会の精神医学に対する反対は、精神的健康と治癒の宗教的根拠を確証する信念から生まれます。 しかし、南アフリカの状況において、この反対はアパルトヘイト下での精神医学の実践に浸透しているような、特有の人種差別に対して向けられました。

これらの宗教的および教育的イニシアチブを通じて、サイエントロジー教会は南アフリカの宗教の中でその地位を確立しました。 近年、この教会は世界宗教平和会議(WCRP)の南アフリカ支部に積極的に参加してきました。40南アフリカの宗教団体の権利と責任の憲章を作成する際、WCRPは教会の宗教の自由に対する関与によって支持されてきました。 したがって、新しい南アフリカで、サイエントロジー教会は、この国の豊かな宗教的多様性の中に位置付けられています。

哲学者ウィリアム・ジェームズが抱いていたように、すべての宗教は治療の意図を持っています。 すべての宗教は、その問題が罪、無知、苦しみ、疎外、抑圧のいずれであるかを問わず、人間の状態の基本的な問題を診断し、治癒を提案します。41サイエントロジー教会は、人間の状態の問題を診断し、その問題を治癒するように設計された、精神的治癒と応用宗教哲学の特定のテクニックを提供する治療的宗教です。

サイエントロジーは「新宗教運動」とよく言われますが、実際には新しいものではありません。 サイエントロジーは南アフリカですでに40年間存続してきました。 1980年代の初め、サイエントロジーの衰退を予測していた社会学者や歴史学者がいました。 彼らは、教会が創設者の死によって存続することが困難になるだろう。その宗教「科学」は科学の潮流を変えることによって時代遅れになるだろう。その精神「療法」は拡大する競争によって「市場シェア」を失うだろうなどと主張しました。42しかし、その間にサイエントロジーの崩壊の予測は確認されていません。 古くもあり新しくもある宗教として、サイエントロジー教会は宗教的願望を進展させ続け、世界中で信奉者を獲得してきました。 最も控え目に言ったとしても、サイエントロジー教会は南アフリカにおいて引き続き宗教として認可され、認識されるに値します。

デビッド・キデスター
比較宗教学教授

IX. 参照ノート
白書をダウンロード