健康に保つ | 予防資料センター

VI. 宗教的経験

宗教史家ミルチャ・エリアーデによると、宗教的経験の最も古い形態は、シャーマニズムの実践に見られます。 エリアーデは、「エクスタシーの古めかしいテクニック」と呼ぶものを利用して、シャーマンはトランス状態に入り、身体から出て行くと主張し、身体、心、精神を癒すための特別な経験によって得た力を行使します。27世界各地の地方の小規模な先住民の宗教において、シャーマンは宗教経験の本質を定義するための基準を示します。

しかし、人類学者フェリキタス・グッドマン28が主張してきたように、シャーマニズムのテクニックは、古代から最も持続的で永続的な宗教的経験であるトランスを生み出しました。 宗教によっては瞑想、祈り、唱歌、歌、踊りなどのさまざまなテクニックを通じて、トランス状態の経験を促して培いました。 グッドマンによれば、トランス状態は、すべての宗教的経験の根底にある共通項を表します。 グッドマンの言葉によると、すべての宗教は、それを知っているか否かに関係なく、トランスの経験を誘発します。

サイエントロジー教会は、「宗教技術」と呼ばれる特定の「エクスタシーのテクニック」を採用していますが、教会は一貫して、これらの実践によって支えられている宗教的経験がトランスとして誤解されるべきではないと主張してきました。 さらに、反カルトのプロパガンダの不名誉な主張とは対照的に、これらのテクニックは催眠や「洗脳」のプロセスとは関係がありません。29代わりに、サイエントロジー教会で使用される宗教的テクニックは、精神的意識のより明確な体験に向けられます。

サイエントロジーにとって、宗教的経験は基本的に理解を達成することです。 理解の本質は、「ARCの三角形」として表され、親愛の情、現実性、コミュニケーションという3つの構成要素から成ります。

サイエントロジーにとって、宗教的経験は基本的に理解を達成することです。 理解の本質は、「ARCの三角形」として表され、親愛の情、現実性、コミュニケーションという3つの構成要素から成ります。 この三角形の最初の角、「親愛の情(Affinity)」は、他人との関係で経験される親近感、愛情、あるいは好意の度合いを指します。 2番目の角、「現実性(Reality)」は、どのような状況でもそのように見えるものについて対人関係の同意を示します。 3番目の角、「コミュニケーション(Communication)」は、考えのやり取りと定義します。 このARCの三角形の最も重要な部分として、明確なコミュニケーションは、対人関係における親愛の情と現実性についての共通の同意を生み出す基礎を提供します。 しかし、理解の三つの側面は相互に関連しているので、ARCの三角形は、理解が増すにつれて成長すると説明されます。 理解の本質を理解するための公式として、ARCの三角形は、意識の拡張の目安として機能します。

サイエントロジーにおける宗教的経験は、一連の段階的レベルを経て進みます。 反応心の条件付けから、必要な「リリース」を達成することで、人はクリアーという状態を達成することができます。 サイエントロジー教会によれば、「クリアーの状態の素晴らしさは、私たちの文化に存在する書物に述べられているものとは全く比べものになりません。」30したがって、一般に神秘的な経験のように、クリアーであることの経験は、言葉を超えた意識の状態として、不可解なものとして記述されることがあります。 しかし、神秘的な経験のように、その意識状態は、新しい知識と洞察が得られるという意識の高まりを特徴とします。

クリアーの状態を超えて、サイエントロジーは、より高い精神的自由と能力を達成するためのテクニックを提供します。 「機能しているセイタン」として、これらのより高いレベルを経験している人は、「人生、思考、物質、エネルギー、空間、時間に対して、意識的かつ自発的に起因である」と言われます。31「機能しているセイタン(Operating Thetan)」に対して特別な能力が主張されています。 例えば、「機能しているセイタン」は、シャーマンのように身体から独立して意識している意識を体験できるとされています。 しかし、これらのより高いレベルで、「機能しているセイタン」によって回復された主な能力は永遠の経験です。 そういった経験を通して、人は不滅、そして生と死のサイクルからの解放の知識を得ます。 機能しているセイタンが示す精神的な知識、自由、そして力は、サイエントロジー宗教の究極の目標です。 本質的に、これらの能力は精神的な救済と不滅性という宗教的探求の集大成を示します。

VII. 宗教団体
白書をダウンロード