健康に保つ | 予防資料センター

V. 宗教倫理

すべての宗教は、日常的で通常の状況および私生活や社会生活の状況における行動を導く倫理的規則、倫理的基準、および倫理的価値を育成します。 サイエントロジー教会には、宗教倫理制度もあります。 行動指針は、一連の倫理規定で策定されています。サイエントロジストの規律は、道徳的振舞いの基本原則を概説します。オーディターの規律は、サイエントロジー聖職者の行いを統制する、聖職者の実践のための倫理的行動指針を提供します。そして名誉の規律は、すべてのサイエントロジストが望むことができる倫理的理想を定めます。 これらの規律は、個人の振舞いを統制するだけでなく、狂気や犯罪がなく、戦争のない世界を約束する社会変革の基礎とみなされます。

しかし、これらの倫理規定は、倫理的行動が精神的成長の不可欠な部分とみなされる宗教倫理に特有なアプローチです。 倫理的な振舞いは、精神的な解放へと進歩する、直接的な結果と見なされます。 したがって、この点で倫理は、サイエントロジー教会のすべての宗教的信仰と儀式に密接に関連します。

人間は本質的に善だと仮定すると、サイエントロジストは彼らが悪いことができることも認識しています。 しかし、人間が行う邪悪な行為は、人間の本質的な善の逸脱とみなされます。 この観点から、サイエントロジーの中心的な倫理的要請は、倫理的な逸脱を修正し、人間の精神の本来の善良さを回復することです。 本質的に、宗教倫理は、倫理的調和の原始的な条件を回復させる問題となります。

人間は本質的に善だと仮定すると、サイエントロジストは彼らが悪いことができることも認識しています。 しかし、人間が行う邪悪な行為は、人間の本質的な善の逸脱とみなされます。 この観点から、サイエントロジーの中心的な倫理的要請は、倫理的な逸脱を修正し、人間の精神の本来の善良さを回復することです。

宗教の歴史において、宗教倫理のシステムは、単に特定の行動に取り組むだけではありません。 それらは単に嘘や窃盗、殺人などの行為やその他の行為を禁止するだけではありません。 むしろ、宗教倫理は、欲望の性質と呼ばれるものに取り組んできました。 例えば、キリスト教の伝統において、中世の神学者は、7つの致命的な罪として、プライド、怒り、色欲、怠惰、強欲、大食、羨望の基準となるリストを策定しました。 しかし、これらの罪は具体的な行動ではありませんでした。それらは人間を神から遠ざけるようにし向ける欲望の性質でした。 イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリが「神曲」で述べたように、これらの罪は、同じ「見当違いの恋」の7つの異なる形でした。24ダンテによれば、誤った方向の欲求は、天球の天体的調和を調整した神の愛から人類を遠ざけました。 したがって、宗教倫理は、究極的に精神的な不協和を精神的な調和に変えることに依存していました。

同様に、仏教倫理は、3つの致命的な罪として、色欲、強欲、怒りの感情を特定し、欲望の形態としても理解できます。 この場合、誤った方向の欲望は、ブッダの本質の純粋さと自由とは調和しません。 したがって、キリスト教と仏教の両方の伝統は、人間の欲望を精神的理想と調和させる問題として、宗教倫理を理解してきました。25

サイエントロジーの倫理は、人間の欲望の性質における不協和と調和の関係の同様の分析に基づいています。 この倫理的分析は、トーン・スケールで最も明確に公式化されています。 トーン・スケールは、0から40までのスケールで、さまざまな行動フローの特性から精神的な性質を示しています。 スケールの底辺である、無関心や絶望という欲望の非常に低い性質は、死に非常に近いので、倫理的行動の基礎を提供しません。 少し高くなり、恐怖、怒り、敵意などの性質は、倫理的な生活を送るために必要な自由を抑制します。 次の領域では、保守的から、人生への強い興味、快活の状態へと移行する際にスケールが明らかに上昇していきます。 今や倫理的な振舞いが可能になります。 しかし倫理的行動を取る範囲は、スケールが熱狂、美的な参加、高揚へと上昇し、すべての行動の源と至高の存在性の静穏の性質を表す最高レベルへと上昇するに従い、飛躍的に拡大します。

したがって、トーン・スケールとは、サイエントロジーの精神的な理想と人間の欲望の性質との相対的な不調和や調和を評価するための用語を示します。 L. ロン ハバードはこう付け加えています。「トーン・スケールを下がるにつれて、不協和音がセータに入り込み、それがだんだん大きくなっていくと考えることができます。… 音楽に例えると、音の振動がだんだんと純粋さと調和を失っていき、ますます調子が外れていく様子だと言えるでしょう。」26したがって、サイエントロジーの宗教的倫理において、倫理的な行動は、人間の精神を元の精神的調和の状態に戻すことに懸かっています。

VI. 宗教的経験
白書をダウンロード