健康に保つ | 予防資料センター

XVI. 宗教の多様性:ジャイナ教徒

何が宗教を構成するかの西洋の狭い概念に対する、実に急進的な異議がジャイナ教によって提供されます。インドの認められた宗教で、通常(普通は11の)大きな宗教のリストに含まれています。 それについてチャールズ ・ エリオットが書いています。 「ジャイナ教は無神論であり、 この無神論は、 謝罪や論争術の規則としてではなく、 自然の宗教的態度として受け入れられている。 」 しかし、ジャイナ教は、「devas(デーヴァズ)」、つまり神々の存在を否定しませんが、これらの存在は、人間と同様、転生と衰退の法則に従属すると見なされ、人間の運命を決定しません。 ジャイナ教徒は、魂が独自なもので無限であると信じている。 それらはひとつの万能の魂の一部ではない。 魂や物質は創造も破壊もされない。 救済は、魂を圧迫する外部の要素(カルマの要素)から魂の解放によって達成されることになっています。 これらの要素は個人の熱情の行為により魂に入り込むことを許されます。 そのような行為は動物の中あるいは無生物の中での転生をもたらします。 善行は神々の中の転生をもたらします。 怒り、 プライド、 虚偽、 貪欲さが魂の解放の主な障害であり、 これらに抵抗するか屈服することにおいて、 人間は自分の運命の主人です。 自己を抑制することによって、 生き物(有害な虫に対してさえも)に害を与えないことや、 禁欲的な生活を送ることによって、 人は神としての転生を達成するかもしれません。 敬虔な信者にとって道徳的な規則は、 見返りを期待することなく親切さを示すこと、 他人の幸福を喜ぶこと、 他人の苦悩を和らげるようにすること、 罪人に対して思いやりを示すことです。 禁欲は蓄積されたカルマを全滅させると信じられています。 ジャイナ教は禁欲的な倫理を含みますが、これはキリスト教の伝統の中で論じられたそれとは全く異なった種類の禁欲主義で、同時にもっと消極的で、もっと宿命論的です。

XVII. 宗教の中の多様性:ヒンズー教
白書をダウンロード