健康に保つ | 予防資料センター

XXIII. 宗教と社会的変化

現代社会における変化を求める圧力が増加する状況で、何らかの主要な社会制度が、その過程で影響を受けていないとしたら、それは驚くべきことです。 自発的な社会活動の中でしっかりと守られているとはいえ、宗教は確実に反応し、どんどん変化した形態で、関心の対象を変えて現れています。 西洋世界の一般大衆がより教育されるにつれて、現代宗教は、宗教史の歴史的挿話の具体的様相を文字通りにはあまり強調しない傾向にあり、もしそれを使うのなら、詩的な、または象徴的な暗喩として使っています。 主流のキリスト教の伝統内部でさえ、神、創造、罪、顕現、贖罪あるいは永遠の罰に関する教義の強調が小さくなり、さまざまな異なる関心事に対する強調が大きくなっています。 実際的なレベル、特に主要なキリスト教のデノミネーションでは、これらの問題は、19世紀半ば以降続けて発展した司牧の中で確実に成長し、今や、多くの新しい形態の専門的な司祭職務に現れています。 産業での牧師職(中止された労働者司祭運動を含む)、病院、刑務所での聖職者職、結婚案内における専門的相談、キリスト教の治療と癒し、薬物とアルコールの依存の社会復帰、性的問題、仕事に対する態度はすべて、現代の宗教的、精神的な努力を掻き立てる広範な実際的関心事の日常的な現れです。 より理論的なレベルでは、それらは、個人の責任の倫理の新たな奨励、社会正義に対する関心、個人的な達成とエンパワーメントの探索、そして積極的思考の源としての宗教の適応によって補完されています。

これら新たな方向性の表現は、キリスト教内部の正統派と異議派の両方に見られます。しかし、西洋社会においてさらに起こっている事は、最初は主に移民たちによってもたらされた、いくつかの東洋の主要な信仰が拡散しているだけでなく、それらの宗教から派生した運動もまた拡散していることです。それらのいくつかは形態、表現において、西洋の信者たちにも受けがいいように特別に修正されました。 これらに加えて、古代の異教を利用していると称する運動、神秘主義の伝統の折衷を霊感の源として頼り、利用する運動があります。 さらに、秘術の実践を蘇らせ普及させようとする運動があります。 これらすべての種類に対して、現代社会の科学的志向をいくらか共有し、科学を精神的な目的だけのために使う新宗教が付け加えられなければなりません。 背景には、より伝統的なキリスト教のセクトもまた存在します。それらのいくつかは、かつて正統キリスト教徒に不安を、そして時には当局の敵意を掻き立てましたが、今日ではますます、そして必然的に許容されるようなり、現代社会の宗教的モザイクの一部として受け入れられるようになりました。 それらがもはやそれほど強い注意や懸念の焦点でないということは、それらは現在ある宗教の多様性の状況において、奇妙にもかつてのように逸脱しているようには見えないという事実を反映しています。

XXIV. 伝統的セクト
白書をダウンロード