健康に保つ | 予防資料センター

XX. 宗教的伝統内部の多様性

宗教間の多様性は、宗教内部の多様性によって補完されます。これは正真正銘の正統派伝統内部においてでさえそうです。つまり、もうすでに触れる機会があった、さまざまな相違の徴候は考慮しません。 首尾一貫性が宗教に第一に望まれるものではないこと、そしてキリスト教でさえ、系統的に構築された教義や組織の両方のパターンを他のあらゆる宗教よりも多く持っており、不正確な教義の公式化、曖昧さ、首尾一貫性のなさ、そしてあからさまな矛盾でさえ同様に保持しているということが認識されなければなりません。 実際、伝統的宗教言語は、キリスト教の言語でさえ、常に曖昧さを消去しようと試みているのではなく、時折、それらを維持しようとさえします。 そのような言語は、ただ特質を示すように機能するわけではなく、また必ずしも主としてそうするわけでもありません。 それは感情的な反応を呼び起こし、価値観と性質を定めるという、同程度に重要な機能を持っています。 認知的、感情的、評価的なものが、科学的情報を得る思考方法とは全く異質の方法で複雑に混ざり合っています。 この多機能性の結果、宗教言語は、科学的あるいは法的な視点から見た場合、しばしば明快さ、定義、また特定性に欠けています。 これは、キリスト教のように、宗教教義の首尾一貫性を明確に表現するための知的な努力の維持が何世紀にもわたって費やされていても、宗教では普通のことと考えられるかもしれません。

XXI. 多様性と宗教の進化
白書をダウンロード