健康に保つ | 予防資料センター

V. 宗教の現代的定義

法と神学が共に規範的な規則であり、その結果、彼らが傾倒していた規範的視点の偏見は、彼らの定義や仮定を潤色しました。 現代の学問は、私たちの他の文化に対する知識を広げたため、「宗教」として適切に指定されるものは、信仰や、実践、制度上の規約に関係した多くの点で、キリスト教を特徴付けるものからしばしば乖離していることを認識するようになりました。 その結果、宗教のより包括的定義が探し求められ、他の社会は、キリスト教の概念とは異なるけれども、宗教的信条を信奉し、宗教的実践に従事し、宗教的制度を維持していると認識するひとつの定義に至りました。 数多くの経験的事例の知識が増加することにより、19世紀のまじめな学術的論評者さえも表明した、キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒以外の民族は「宗教を持っていない」という憶説は不可能であるとされました。

VI. 倫理的に中立な定義
白書をダウンロード