健康に保つ | 予防資料センター

注釈

1. “Truth vs.Small-minded Religious Dogma” in “Self-Realization,” U.S.A., Winter 1995, Vol. 67, No. 1. p.32。

2. クリスチャン・サイエンスは、精神療法についての質問から始まり、サイエントロジーと同じような状況下で設立された。 メアリー・ベーカー・エディの主な信条は、神は心と精神であり、人は善である。 人は善であるので、人の仕事(創造物)も善である。 つまり、物質、罪、病気、死は、実際には存在しない。 これを受け入れる人は、教え導かれる。 イエス・キリストの教えに従って生きる人は、身体的および精神的に健全な生活を送ることができる。

3. メンバーシップ、結婚やその他の手続きは、キリスト友会(クエーカー)と同様に礼拝の決まったやり方がないが、文化的環境に応じて決まったパターンの例がある。 London Yearly Meeting of the Religious Society of Friends の「Church Government(教会運営)」を参照。 (Friends Book Centre, London 1968.)

4. サイエントロジーにおけるハバードの著作と似た、E.スウェーデンボルグの作品は神聖なもの(啓示体験)であり、著者によって設定されたステップに従って、信者によって使用される。 翻訳書が使われるが、基本原則に対して、人はオリジナルの言語に戻るべきである。 辞書類がこれらのセンターの至る所で見られる。 オランダのデン・ハーグの新エルサレム教会などでは、朗読がラテン語のオリジナルのテキスト(スウェーデンボルグはラテン語で著述)で行われ、聖職者ができるだけ詳しく解説する。 ラテン語で読める聖職者のみが叙任される。 ロン ハバードのオリジナルの文書は、同様に丁重に扱われる。 (『The Religion of Scientology(サイエントロジーという宗教)』1994年、p. 5。)

5. ルイ・ジョセフ・アントワーヌ(1845-1912年) は、ベルギーの鉱山労働者であったが、アラン・カルデックによって書かれた『Livre des Esprits(霊の書)』という本を読み、数多くの「寺院」と呼ばれる教会(ベルギー、ドイツ、フランス、ポーランド、アフリカ諸国、南アメリカ) を設立、そこで癒しの儀式が行われた。 彼はキリスト教徒ではなかったが、 構造的な神智学者(「新しい心霊術」の創設者と自称)として、彼はすべての形態、特に東洋の宗教教義を公開した。 彼の教え:「すべての物は錯覚です。悪はそれ自体では存在しません。私たちの想像力の産物です。 幸福とは、変化し錯覚を起こす物の形態を目にすることでもたらされる欲求すべてを取り除いた状態です。 生まれ変わりから生まれ変わりへ、いつの日か私たちの精神が解放される時か来るでしょう。」 『The Dictionary of Religions(宗教辞典)』(University Press of France) は、この宗教を原始仏教のようなものと呼ぶ。 病気に対する精神的な癒しによって、彼は1901年と1907年に裁判所に起訴され(聖職者と法務の医療当局が彼を告訴した)、骨の折れる論争の後、無実が立証された。 ほぼ同じことがメアリー・ベーカー・エディ、ジョージ・フォックスとエマニュエル・スウェーデンボルグに起こった。 サイエントロジーはいくつかの地域で似たような迫害を受けた。

6. 「The tradition of barbarism(野蛮性の伝統)」、「フェニックス講演」p.33。 (Publications Organization World Wide, 1968年。)

7. Rabbi A.Malinsky concerning “the progress of technical science and the decline of man” in “Acta Comparanda II,” Antwerp 1987年, p.

8. 「フェニックス講演」p.33。

9. 精神分析において、例えば、分析者はその人が言うことを受け入れないが、それを解釈し、自分なりに状態の評価を行う。 これはサイエントロジーのオーディティングの正反対であり、オーディター(auditor「聞く人」ラテン語のaudireに由来する)が、個人のために評価することを明確に禁じている。 その人は自分自身で答えを見付ける。 (『サイエントロジーとは何ですか?』 Bridge Publications、1992年 p.163。)

10. 『Have You Lived Before This Life?(前世に生きていましたか?)』でkarma(カルマ)」という用語の本来の意味は、単に「行為」を意味し、それは因果の理論と関係があり、一般には過去に行われたあらゆる行為の結果として得た、一種の潜在的な力と見なされるようになる。 それは、すべての過去の行為の結果が良いか悪いか、苦しみか喜びかは、その行為によるが、それは未来に影響を与える力があり、これが人のカルマとして見なされる。 良い行為が繰り返されるなら、善が積み重ねられると信じられ、その潜在的な力は未来に有益な影響として働くだろう。 (参照文献:『ブッダの教え』 仏教伝道協会、東京、1966年、p.300)。

11. 「フェニックス講演」p.315.

12. サイエントロジーの中で最も重要な客観的な事実(「教義」)は『ダイアネティックス』に始まるハバードの著作である。 これらは生徒自身が直面することで解決することになっており、 オーディターや監督者の役割は、教会員を助けることだけである。

13. 『The Church of Scientology(サイエントロジー教会) 』p.2。

著者
白書をダウンロード