健康に保つ | 予防資料センター

II. サイエントロジーの信仰における神の在りか

サイエントロジーの信条における神の在りかは、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教のように支配的ではないように見えますが、明らかに存在しています。 サイエントロジー宗教の本には、教義と実践に関する章が、その使命を「個人が、自分自身が不滅の存在であることに気付き、自身と、他人および至高の存在との関係について基本的な真実を達成、獲得するのを助けること」であると定義しています。 ここで、そして通常の礼拝の形式で、「私たちは、彼が神をしっかり認識できるほど良くなるために彼の罪を消去したい」、そして「人間の持つ最も良い神の証拠は、彼が自分自身の内部に見つける神である」と述べられます。 内なる神と輪廻転生についての教えは、サイエントロジーを東洋式あるいはインド式の宗教的思想と結び付けていることがわかります。 ですからそれは、「他の生命形態、物質宇宙、そして究極的には至高の存在との調和の中にある個人の救済」という目的と、 「サイエントロジーの背景を見出すのは、東洋の伝統の中である」ことを述べています。

神は第8のダイナミック、人が第7のダイナミック、つまり精神的宇宙が「完全に達成」された時に到達する最高レベルの現実性として説明されます。 神と精神的宇宙はまた、「セータ宇宙として分類」され、そしてセータやセイタンは「精神」と、「その人自身」として表現されます。

神は第8のダイナミック、人が第7のダイナミック、つまり精神的宇宙が「完全に達成」された時に到達する最高レベルの現実性として説明されます。 神と精神的宇宙はまた、「セータ宇宙として分類」され、そしてセータやセイタンは「精神」と、「その人自身」として表現されます。 人は精神的な存在であるという不変の主張と、人間の起源の物質主義的説明の拒絶があります。 人は不滅であり、無数の人生を生き、神にまで上昇することができると述べられます。 これは確かに、いくつかのインドの宗教の信条と似ており、サイエントロジーは宗教であるという主張において重要です。

III. 儀式とその意味
白書をダウンロード