健康に保つ | 予防資料センター

サイエントロジーは近年いくつかの場面で登場し、フィンランドでも一般討論会のテーマになっている。 いくつかの国と比べると、フィンランドではその宗教的性質についてほんの少ししか触れられていない。 以下の論文では、サイエントロジーが宗教団体であるかという疑問、そしてこの結論の基礎に焦点を当てる。

I. 宗教について明確な定義がない

宗教や宗教団体は数多くの現象から成っているため、科学者にとって宗教の定義に対する同意に至ることはできていない。 フィンランドの宗教社会学において、宗教は、アメリカ人のグロックとスタークによって提示された、以下の5つの側面によって特徴付けられることが多い。

1. 経験的側面(宗教的感覚、神の体験および姿を見るなど)。

2. イデオロギー的側面(神、死後の人生、救済についての考え)。

3. 儀式的側面(祈り、瞑想、礼拝、人生のさまざまな局面と関係ある宗教儀式などを実践する個人や宗教団体)。

4. 知的側面(信仰内容の知識)。

5. 結果的側面(救済、心の平穏、正しい振舞い)。

どの宗教の定義にも通常、特定の信仰の考えがあると思われる。これに従えば、人生そのものの最も深い意味と調和を引き起こすだろう。これは個別の神、至高の存在、宇宙や倫理的な人生の基盤かもしれない。 第二に、宗教には宗教儀式、振舞いの規範が含まれる。 第三に、宗教には信者や会員の団体が必要である。

II. サイエントロジストがそれを宗教であると見なす
白書をダウンロード