健康に保つ | 予防資料センター

VII. マハディの再現と
サイエントロジーの目指すものとの関係

アッラーマ・サイイド・ムハンマド・フセイン・タバタバイは、マハディについてこう書きました。

したがって、内面の必要性と決意により、将来、人間社会がジャスティス(正義)を十分に備え、誰もが平和で平穏に暮らすことができる時、人間が十分に美徳と完璧さを持っている日が訪れる。 そのような条件の確立は、神の援助を得て人間の手によって起こります。 そして、そのような社会の指導者は、人間の救済者、ハディースの言葉で「マハディ」と呼ばれます。

ヒンズー教、仏教、ユダヤ教、キリスト教、ゾロアスター教、イスラムのような世界を統治するさまざまな宗教には、人類の救済者として登場する人物の言及があります。 これらの宗教は通常、その人物の到来を喜ばしい便りとして伝えました。しかし、これらの教示を慎重に比較すると、当然ながら細かな点でいくらかの違いが見られます。 すべてのイスラム教徒が同意する、聖なる預言者によるハディース「マハディが私の子孫である」は、同じ真実について言及しています。

L. ロン ハバード氏はこう書きました。「サイエントロジーのゴールは、人が自分自身の判断で、また仲間とともにより良い人生を送ることができるようにし、より良いゲームをプレーできるようにすることです。」

1965年に、ハバード氏は「サイエントロジーの目指すもの」を書きました。

狂気もなく、犯罪者もなく、戦争もない、そこでは能力のある者が栄え、正直な者が権利を有することができ、人間が自由により高い境地に至ることのできる文明。これがサイエントロジーの目標です。

1950年に初めて動乱の世界に向けて発表されたこれらの目標は、私たちの技術を持ってすれば十分に手の届くところにあります。

政治的な色彩を全く帯びていないサイエントロジーは、いかなる信条、人種や国の人も歓迎します。

私たちは革命を求めてはいません。 私たちは、個人や社会のために、存在のより高い状態への進化を求めているだけです。

私たちは、目標を達成しつつあります。

果てしない年月に及ぶ、自分自身、心、宇宙についての無知を経験した後、人類のために大躍進が達成されました。

これは、人類が払ってきた他の努力を超えたのです。

人々が思索し、5万年かけて集めてきた真実が、人類に関する新たな発見によって洗練、展開され、この成功に寄与しました。

サイエントロジーは、あなたを歓迎します。 私たちがあなたに唯一期待するのは、私たちの目標を達成し、他の人々を助けるあなたの援助です。 あなた自身も助けられてほしいと思います。

サイエントロジーは、今日の地球において最も重要な運動です。

動乱の世界では、この仕事は容易なものではありません。 しかし、もしそれが容易なものであったら、私たちがこれを行っている必要はないでしょう。

私たちは人間を尊敬します。また人間は助けるに値すると信じます。 私たちはあなたを尊敬し、あなたもまた、人間を助けることができると信じます。

結果としてサイエントロジーは、援助を義務として負っているのではありません。 人の機嫌を取らなければならないようなことをしたことはありません。 そのようにしていたら、私たちが今行っていることをできるほど聡明ではいられなかったでしょう。

人間は、援助の申し出をすべて疑ってかかります。 人間はしばしば裏切られ、信頼は粉々になってしまったのです。 人間はあまりに頻繁に人間を信頼し、裏切られてきました。 私たちは、間違いを犯すかもしれません。なぜなら、私たちは折れた藁で世界を築いているからです。 しかし、あなたが仲間でいる限り、私たちはあなたの信頼を決して裏切りません。

サイエントロジーでは、太陽は決して沈みません。

そして、あなたやあなたの愛する人たち、また人類に新しい夜明けが訪れますように。

私たちの目標は単純です。たとえ大きなものだとしても。

私たちは成功するでしょうし、地球が回るたびに成功しているのです。

あなたの助けを、私たちは喜んで受け入れます。

私たちの助けは、あなたのものです。

サイエントロジーの将来について、ハバード氏はこう書きました。

サイエントロジーを使って、人間は狂気、犯罪、そして戦争といったものを防ぐことができます。

…この地球の最も重要な競争は、国家間に存在するものではありません。 この時点で問題となる唯一の競争は、サイエントロジーと原子爆弾との間で行われている競争なのです。 人間の歴史は、著名な権威者たちが語ったように、このどちらが勝利するかに懸かっているのでしょう。

L. ロン ハバードは、決して人間以外の何かのふりをすることはありませんでした。 しかし、もし彼の作品が結実すれば、それはマハディの預言を満たすでしょう。 他の宗教については、仏教には、弥勒菩薩(Metteyya)の再臨があります。 さらにこの預言は、ブッダの所業を完了させる人の再臨についてです。 弥勒菩薩の再臨の時期は、ブッダの死後2500年頃であるとパーリ語で定められました。 それは1950年の『ダイアネティックス:心の健康のための現代科学』が発表された時でした。 それはハバード氏が彼の詩『アジアの讃歌』を書いたわずか数年後でした。その序文で彼は「私は弥勒菩薩か?」と尋ねています。 それ以来、サイエントロジーの運動は、世界中で800万の会員に達し、増大し続けています。 それは学校、薬物リハビリ・プログラム、犯罪者更生プログラム、そして狂気の源の排除の世界規模のネットワークを確立しました。 それはさらに、人々の能力、意識、知能を絶え間なく高めており、ハバード氏が投げ掛けた課題を引き受けています。

ハバード氏が1986年に自身の身体を離れて以来、彼とサイエントロジー・オーガニゼーションは、世界中の政府や組織、個人から何万もの声明や賞状、表彰を受けました。

結論
白書をダウンロード