健康に保つ | 予防資料センター

III. サイエントロジーと
イスラム哲学の観点から見た人間の構成

イスラム哲学とサイエントロジー哲学はともに、人間が精神および心と身体で構成されていることに同意しています。

アッラーマ・サイイド・ムハンマド・フセイン・タバタバイは、最高のイスラムの位置を次のように説明しています。

イスラム科学にある程度精通している人々は、聖書と預言者の伝統の教えの中に、精神と肉体、または魂と身体に関する多くの参照文献があることを知っています。 身体と有形なものや、感覚を通して知ることができることについて思い描くのは比較的容易ですが、精神と魂を思い描くことは難しく複雑です。

神学者や哲学者のような知的な議論を行う人々はシーア派やスンナ派も同様に、精神の現実性について異なる見解を提起しました。 にもかかわらず、ある程度確実なのは、イスラムは精神と身体が互いに対立したふたつの現実性であると見なしていることです。 死によって身体は生命の特性を失うと徐々に崩壊しますが、精神はそうではありません。 むしろ、生命はその起源と原理において精神に属します。 精神が身体に宿ると、身体もそこから生命を得て、そしてその精神が身体から離れると、それが死と呼ばれます。身体は機能しなくなり、精神は生き続けます。

ハバード氏は『サイエントロジー:思考の原理』という書籍で、人間の構成要素について以下のように説明しています。

人は3つの部分に分けることができます。

第1は精神であり、サイエントロジーではこれを「セイタン」と呼びます。

第2の部分は、「心」です。

第3の部分は、「身体」です。

彼は続けて、

これら3つの人間の構成要素(セイタン、心、身体)は、それぞれが異なる研究対象ですが、これらははっきりと、また絶えず互いに影響し合っています。 これら3つの中で一番上位に来るものがセイタンです。 なぜなら、セイタンなしでは心もありませんし、身体に生気を与えるものもないからです。 一方、身体や心がなくても、セイタンには依然として生気や生命があります。

セイタンこそがその人です。 あなたは、身体の中にいるあなた自身なのです。

サイエントロジーの視点から、セイタンは不滅なので、死後もセイタンとして生きます。 これは、精神に関するイスラムの信念と一致していることを見て取ることができます。

サイエントロジーの前段階の研究が、ダイアネティックスです。 これは、心の研究として最初に紹介されたものですが、その後この研究が発展するにつれて、「魂が肉体に対して行っていること」の研究として再定義されました。 サイエントロジーは、さらに「精神それ自体、さまざまな宇宙、他の生命との関わり合いにおける精神の研究、およびその対処」と再定義されます。

サイエントロジーの視点から、セイタンは不滅なので、死後もセイタンとして生きます。 これは、精神に関するイスラムの信念と一致していることを見て取ることができます。

その類似性はハバード氏のこの言及によってさらに強調されます。「しかし、研究が進むにつれ、生命の上位の活動とはセイタンの活動であり、精神がなくては、生命はそれ以上存在しないということがますます明らかになってきました。」

したがって、人は生や死と同様に、精神、魂、身体と呼ばれるものがわかれば、イスラムとサイエントロジーの哲学の両方について、より同意することができます。

IV. アフルル・バイト ― イスラムとサイエントロジーの関係を考察する
白書をダウンロード