健康に保つ | 予防資料センター

VII. 宗教団体

サイエントロジー創立教会は1955年7月21日、ワシントンDCで教団として形成され、「サイエントロジーとして知られる宗教的信仰の繁栄とその信仰に対する宗教的崇拝のための教会として行動する」ことを目的としています。 その後30年間、サイエントロジー教会は劇的に拡大して世界規模の宗教になりました。 他の宗教と同様に、サイエントロジー宗教は特定の礼拝場所に定着しています。 国際サイエントロジー教会の社会組織は、5種類の宗教施設のカテゴリーに基づきます。

まず、サイエントロジー・ミッションは、入門サービスとクリアーのレベルまでのオーディティングを提供します。 ミッションは主にサイエントロジーに精通していない人々への接触に関与していますが、「ブリッジへのすべての基本のルート」を提供する権限も与えられています。 ミッションが十分な大きさを達成すると、教会になることができます。

第二に、サイエントロジー教会は、ミッションで利用できるすべてのオーディティング、トレーニング、その他の宗教サービスを提供します。 しかし、教会はオーディターの上級のトレーニングを提供し、聖職者を叙任する権限もあります。 定期的な日曜礼拝が行われます。

第三に、セントヒル教会と上級オーガニゼーションは、上級のオーディティングとトレーニングのための宗教施設です。 これらの施設は、サセックス州、コペンハーゲン、ロサンゼルス、シドニーにあり、機能しているセイタンの最初のレベルを達成するための宗教技術を専門としています。

第四に、フロリダ州クリアウォーターにあるフラッグ・サービス・オーガニゼーションは、国際サイエントロジー教会の精神のための拠点です。 この施設では、サイエントロジーのあらゆる宗教サービスを提供しています。これには、機能しているセイタンとしてのトレーニングのレベルが高く、オーディターのための最高レベルのトレーニングが含まれます。

第五に、カリブ海に拠点を置く440フィートの船、フリーウィンズ号船上でサービスを実施するフラッグシップ・サービス・オーガニゼーションは、最高水準のオーディティングを提供する唯一のサイエントロジー施設です。 さらに、フラッグシップ・サービス・オーガニゼーションは、精神的な進歩のための特別コースと宿泊施設を提供しています。

この宗教施設の階層は、ロサンゼルスの母教会、国際サイエントロジー教会の権限のもとで機能します。 サイエントロジー宗教を保護し広める責任を担う国際サイエントロジー教会は、いくつかの付随する部門を設立しました。 ゴールデン・エラ・プロダクションズは広範な出版物、フィルム、録音物を制作し、普及します。 ふたつの出版社、ロサンゼルスのブリッジ・パブリケーションズとデンマークのニュー・エラ・パブリケーションズは、L. ロン ハバードの書籍の出版を取り扱います。 現代的な企業形態のようですが、この教会組織は世界中のサイエントロジー宗教の保護と拡張を監督し、宗教上の利益を提供します。

サイエントロジー教会は、その宗教技術を保護し、広めることに加え、薬物リハビリ、犯罪者の更生、経営管理、教育の分野で幅広い公共サービスを展開してきました。

リリジャス・テクノロジー・センターは、教会の神聖な経典と宗教的な教えの保存に専念し、サイエントロジーの商標と著作権の使用を登録し監督します。 宗教の正統性を守るために、リリジャス・テクノロジー・センターは、その教えの純粋さを維持し、教会の聖職が倫理的に行われるようにします。

教会階層の外部組織として、スピリチュアル・テクノロジー教会(Church of Spiritual Technology)は、L. ロン ハバードの文書を不滅の資料として保存することで、宗教の存続を確実にするために1982年に設立されました。 これらの著作が神聖な教典と見なされていることを示すように、スピリチュアル・テクノロジー教会は、ハバードのテキストをステンレス板に刻み込み、チタン容器に保存するためにさまざまな手段を開発し、サイエントロジー宗教の基礎資料の永続的な保存を保証します。 このようにして、スピリチュアル・テクノロジー教会は、「未来の世代、さまよえる野蛮人の部族のために、この先何千年にもわたって考え得るどんな大惨事からも、この宗教を復活させる教典を持てるように」サイエントロジーの神聖な教典を守る責任を引き受けました。32

サイエントロジー教会は、その宗教技術を保護し、広めることに加え、薬物リハビリ、犯罪者の更生、経営管理、教育の分野で幅広い公共サービスを展開してきました。 ナルコノン(Narconon)は、薬物使用を減らすためにサービスと支援を提供します。クリミノン(Criminon)は、有罪判決を受けた犯罪者と協力して刑務所に再び戻らないようにします。しあわせへの道(The Way to Happiness)プログラムは、個人の道徳観や社会倫理観の開発を支援します。アプライド・スカラスティックス(Applied Scholastics)は、勉強や学習方法で教育プログラムを提供します。 これらのプログラムやその他のプログラムを通して、サイエントロジー教会はその宗教的使命を社会サービスにまで広げています。

しかし、サイエントロジー教会の焦点は、その宗教的使命に残っています。 L. ロン ハバードが意図した通り、サイエントロジーは世界中の宗教団体に基づいて計画されました。 すべての「新宗教運動」が宗教として同一視されるべきではありません。 例えば、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーによって設立された超越瞑想(Transcendental Meditation)は、それが宗教ではないと主張しました。それはストレスを軽減するために純粋に科学的技術を提供した世俗的な組織でした。33しかし、サイエントロジーは宗教団体としての地位を常に明確にしてきました。 その地位は、世界各地の政府が宗教に対して認める法的承認と税控除をこの教会に与えたことで確約されています。

VIII. 南アフリカにおけるサイエントロジー
白書をダウンロード