健康に保つ | 予防資料センター

II. 宗教の認識

西洋の論文の中で、「宗教」という言葉は、常に問題とされてきました。 その古代ラテン語の語源「religio」は、慎重に、忠実に、細部に細心の注意を払って本物の行動様式を指定しました。 しかし、その本物の行動様式は、その反対の「superstitio」、つまり無知、恐怖、詐欺に動機付けられた行動と定義されました。 言語学者エミール・バンヴェニストの観察によると、「宗教」の概念に触れる場合、反対の「迷信」に触れる必要があります。 「3必然的に、宗教と迷信、本物と詐欺、馴染みと奇妙の区別は、『私たち』と『彼ら』との間の基本的な対立となってしまいます。 その対立において、本物の宗教は『私たち』と主張されますが、迷信、無知、恐怖、詐欺に基づく信念や実践は『彼ら』と見なされます。

アフリカ南部での、この宗教と迷信との概念的な対立は、アフリカ先住民の信念と実践に関して、ヨーロッパの報告書では長い歴史となっています。 19世紀の間、ヨーロッパの観察者は、アフリカの宗教生活の形が「宗教」とみなされるべきであると認めることを拒絶しました。 例えば、19世紀初め、アフリカ南部のロンドン宣教協会の最初の宣教師であるJ.T. ファン・デル・ケンプは、このアフリカ宗教の否定を実証しました。 東ケープ州の人々について、ファン・デル・ケンプは次のように述べています。「宗教によって私達は神の崇拝、またはその崇拝が表現される外部行為を理解する。私は彼らが宗教を持っていることも、神の存在を知ることも決して感じられない。」4 明らかに、ファン・デル・ケンプは、東ケープ州の人々が本物の「宗教」を持っていたという事実を否定しました。 代わりに、ファン・デル・ケンプは、アフリカ人は無知、恐怖、「迷信」の詐欺の下で苦しんだと主張しました。

このアフリカの信仰や実践を認識することを拒否することは、20世紀にも続きました。 例えば、1920年代にアフリカーナ人類学者W.M.アイゼレンは、H.F.フルウールトのバントゥー問題事務局で働き、1950年代の「大アパルトヘイト」の実施期間、アフリカ人は先住民族の宗教を持っていないと主張しました。 「godsdiens(宗教)」は、アイゼレンが主張したように、彼が「高められた文化」と呼んだものだけのために取っておくべきだと主張しました。 そのような文化が欠けていたため、アイゼレンによると、アフリカ人はゲルフォスホルム(形態や信念のパターン)を持っているかもしれないが、神は存在していません。5 その結果、このやり方によって、アフリカ南部のアフリカ人たちは、先住民族の宗教的遺産の明確な否定に苦しみ続けました。

「宗教」という言葉はとにかく問題を抱えてきました。 英語では、「religions」という複数形で、1593年にプロテスタントの神学者リチャード・フッカーの著作の中で、その使用の最初の記録が見られます。 現代の使用法とは異なり、フッカーはプロテスタントとローマ・カトリックという2つの宗教を区別するために「religions(宗教)」という言葉を使用しました。6 明らかに、フッカーはプロテスタントとカトリックをふたつの宗教と見なしましたが、その後の思想家は、しばしばひとつのキリスト教と見なしました。 18世紀には、宗教に関するヨーロッパの考え方が世界を4つの宗教(キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、異教)に分けました。異教は、古代、現代、「悪魔」と、さらに分けられることがありました。7 1870年、F. マックス・ミュラーが比較宗教に関する入門講義を行った際、主要な宗教の数は、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、ゾロアスター教、儒教、および道教の8つにまで拡大しましたが、マックス・ミュラーはそれ以外の重要な宗教のことを、固有の「書物のない宗教」と呼びました。8 もともとはキリスト教を区分するために使われていましたが、宗教が多様化しても意味が通るようにするために、この用語「religions」が使われる頻度が増えてきました。9

20世紀には、「religion」と「religions」という用語は、宗教対立に巻き込まれ続けました。 1960年代から1970年代にかけての「新宗教運動」の出現に対応するように、例えば反カルトのプロパガンダは、これらの運動の宗教的地位を、起業家的ビジネス、破壊的な政治組織、あるいは洗脳的な「カルト」として分類することによって否定しました。 これらの方向性に沿う反カルト論争は、新宗教の学術的な分析に影響を及ぼしたようように見えました。10

反カルトのプロパガンダによってある程度は知らされていたにもかかわらず、南アフリカ調査委員会は、1972年の報告書でサイエントロジーの宗教的地位を否定しようとしました。南アフリカで正当な宗教と見なされるべきのものに関する、特定のキリスト教の仮定を強化することと、より関係していたようです。 委員会によると、サイエントロジー教会は宗教ではありませんでした。なぜなら、それは人格神への適切な崇拝が見られなかったからです。 「サイエントロジーは至高の存在を認めていると公言しているが、それを服従権と崇拝の権利を持つ支配的権力または人格神とは決して言及していない。」11 19世紀におけるキリスト教宣教師のアフリカ宗教の否定を思い起こすことで、サイエントロジーに対する宗教的地位の否定は、本物の宗教として必要な信仰と実践の、適切な崇拝の形態に関する特定のキリスト教徒の前提に基づいていました。

1975年に出版された詳細な反論で、著名な南アフリカの宗教学教授G.C.オーサイゼンは、サイエントロジストが「神聖な牛や猿の神、象の神、蛇や蛙の前で、お辞儀をしたら」より簡単に委員会によって宗教として認められる可能性があった、と皮肉っぽく意見を述べました。12

宗教的な生き方は人間であると見なすことができるので、他人の信仰の自由を否定することは、他の人間の完全な人間性を否定することでもあります。 したがって、宗教の定義という質問は単なる学問的な問題ではありません。 それは人間とは何であると見なされますか? という質問と同じ程度に基本的なものです。

III. 宗教的信仰
白書をダウンロード