健康に保つ | 予防資料センター

I.
はじめに

現在、私は神学と宗教の分野で作家、編集者、講師、そして顧問として自活している。 また、ミズーリ州セントルイスのワシントン大学で宗教学の助教授をしている。

イリノイ州クインシーのクインシー大学で哲学学士(1962年)、マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード神学校で神学学士号第二位優等(1966年)、オンタリオ州トロントの聖ミカエル大学トロント神学部から特別宗教研究で博士号(1981年)を取得している。 また、ハーバード大学、ドイツのハイデルベルグ大学、ペンシルバニア大学で研究を行ったこともある。 ハイデルベルグ大学では哲学と古代中近東宗教のフルブライト研究員(1966−1967年)だった。 ペンシルバニア大学では国防省外国語研究員(1968−1969年)としてセム語を研究した。

1962年から、古代と現代の宗派運動について集中的に研究してきた。 博士論文の一部は、合衆国と海外における第二次世界大戦後の宗教運動に特に割いている。 その中で、新宗教の教義、在り方、宗教用語の使い方、指導者、動機と真剣さ、教団の物理的状況を調査した。 ワシントン大学では常に、新宗教運動を含んだ北米の宗教体験と題した講座を教えている。 宗教についての学究的な興味の他に、個人的にも、私は長期にわたる宗教生活を体験している。 1958年から1964年まで、一般にフランシスコ派として知られている、フランシスコ会に所属していた。 その間、私は厳粛な貧困、純潔、従順の誓いを守って暮らしたため、宗教生活における典型的な修養を経験した。

現職に就く前、ミズーリ州セントルイスのメルヴィル大学で教鞭を取り(1980−1981年)、それ以前には、宗教教育修士課程の指導教官(1977−1979年)、オンタリオ州トロントのトロント大学比較宗教講師(1976−1977年)、ニュー・メキシコ州サンタ・フェの聖ジョーンズ大学経典研究講師(1970−1975年)、ペンシルバニア州フィラデルフィアのラ・サール大学で聖書研究と宗教人類学の夏期講師(1969−1973年)、マサチューセッツ州ボストンのボストン大学で聖書研究講師(1967−1968年)、マサチューセッツ州ニュートンのニュートン聖心大学で聖書研究講師を勤めた。

私は、アメリカ宗教学会の正会員である。 また、ミズーリ州ユニバーシティ市のセイント教会では教えを実践するローマ・カトリック教徒でもある。

1968年以来、私は19世紀と20世紀に北米ならびに海外で新たに興ったさまざまな宗教運動について講演し、執筆してきた。 宗教の人類学(ラ・サール大学)、比較宗教(トロント大学)、アメリカの宗教体験(セントルイス大学)、そして、北米宗教体験(ワシントン大学)といった講座では、大覚醒 、シェーカリズム、モルモン教、セブンスディ・アドべンティスト、エホバの証人、ニュー・ハーモニー 、オナイダ共同村 、ブルック・ファーム 、統一教会、サイエントロジー、ハーレ・クリシュナの他にも、さまざまな宗教的現象を取り上げた。 私はいくつかの論文を発表し、新宗教についての書籍監修もした。 長期にわたり、直接知り得たことでなければ、現存する宗教について発言しないという主義である。 合衆国議会、オハイオ州議会、ニューヨーク州議会、イリノイ州議会、カンザス州議会で新宗教のさまざまな面について証言してきた。 大学や国内、カナダ、日本、中国、それにヨーロッパでの会議において新宗教に関する講演を行ってきた。

私は、1976年からサイエントロジー教会について深く研究してきた。 膨大なサイエントロジー教典のうちから、ここで述べるような意見を形成するに十分なだけのものを読んできた。 トロント、セントルイス、オレゴン州ポートランド、フロリダ州クリアウォーター、ロサンゼルス、パリのサイエントロジー教会を訪れ、教会の日常活動に慣れ親しんだ。 また、サイエントロジーの会員と何度も面談した。 さらに、好意的なものも批判的なものも含めて、客観的な学問的研究からジャーナリスティックな報道に至るまで、サイエントロジーに関する文献を読んできた。

宗教の比較研究者として私は、ある運動が宗教であるために、またある集団が教会と呼ばれるためには、3つの特徴、あるいは象徴を備えていなければならないと考える。 以下にその3つの特徴を述べる。

(a) 第1に、宗教は、神、絶対者、内なる光、無限といった、信者を生命の究極の意味に結び付ける教義あるいは教理を持っていなければならない。

(b) 第2に、教義の体系は、宗教実践に反映されなければいけない。それは次のような形で表される。1)行動の規範(積極的な指示あるいは否定的な禁止やタブー)そして2)儀式や祭典、祈りその他の儀式(聖餐、入会、叙階、説教、祈祷、葬儀、結婚、瞑想、浄化、教典学習、祝福)。

(c) 第3に、教義の体系と実践とは、階層的であれ、組合教会的な組織であれ、それとわかる共同体を形成し、信者集団や個々の会員を結び付けるものであり、信者の理解における人生の究極的な意味と調和する精神的な生き方を持つものでなければならない。

すべての宗教がこうした特徴のひとつひとつを同程度に、あるいは同じように重視するわけではないだろうが、みな、上記の要素を明らかに備えているはずである。

これら3つの特徴と自身のサイエントロジー教会についての研究から、私は自信を持ってサイエントロジー教会は正真正銘の宗教であると言うことができる。 同教会は既知の世界中の宗教が備えている宗教を特徴付ける要素をすべて備えている。すなわち、(1)明確に定義された教義を持つ。(2)教義は宗教的実践すなわち、良いまたは悪い行動基準、宗教儀式と式典、そして宗教的行為とその遵守といった形で表現される。(3)信者は、他の宗教団体とは明確に区別される宗教団体となっている。

II. 教義
白書をダウンロード