健康に保つ | 予防資料センター

市民の人権擁護の会(Citizens Commission on Human Rights、CCHR)は、1969年にサイエントロジー教会によって設立された非営利の慈善団体であり、メンタルヘルスの監視機関です。その目的は、精神医療における不正行為や人権侵害を根絶し、患者の権利が保障されるようにすることです。 CCHRはこれまでに160以上の法律の制定に尽力してきました。それらを通じ、虐待的な、あるいは強制的な精神医療から市民を保護すること、精神科の治療に対するインフォームド・コンセントの義務付け、児童や高齢者に対する強制的な投薬治療ならびに電気ショック療法の禁止、精神医療従事者による患者への性的虐待に対する重い処罰といった法規制を実現させてきました。

CCHRの国際本部は米カリフォルニア州ロサンゼルスにあります。この本部を中心として34ヵ国に200もの支部が存在し、地球規模の人権擁護ネットワークを形成しています。 CCHRの理事には医師、精神科医、心理療法士、弁護士、議員、政府職員、教育者、公民権運動家などがいます。 CCHRの国際本部には、精神医学という分野における何世紀にもわたる残虐行為の歴史を伝える資料館も併設されています。

CCHRでは、精神医療における人権侵害や不正行為の実態をさまざまな側面から検証したドキュメンタリー・フィルムを提供しています。メンタルヘルスの「早期発見」検査による不当な診断と向精神薬の処方がもたらしている破壊的な結果、精神医学界と製薬産業の金銭的な癒着、精神「障害」の診断における医学的根拠の欠落、現役の兵士や退役軍人に対するおびただしい精神薬治療が突然死や自殺、傷害事件を招いている実態といったテーマがこれまでに取り上げられています。

CCHR公共サービス・メッセージを見る

市民の人権擁護の会と、サイエントロジー教会が支援するメンタルヘルスに改革をもたらすための世界規模のプログラムについてのより詳しい情報は、こちらでごらんになれます:

白書をダウンロード