健康に保つ | 予防資料センター

(西暦1923年から1953年の間に完了した人間の精神と物質宇宙に関するコンシダレーションと検討の要約。)

1始まりの前に「起因」があり、その「起因」の全目的は、影響の創造であった。

2始まりと永遠には決断があり、そしてその決断とは「存在すること」である。

3存在性の最初の行為とは、視点を身に付けることである。

4存在性の第二の行為は、その視点から、見るための複数の点を延ばすことであり、それは複数の次元点である。

5ゆえに、空間が創造される。なぜなら、空間の定義は、次元に対する視点だからである。 そして次元点の目的は、空間および見る対象となる点である。

6次元点の機能とは、リーチすることと、ウィズドローすることである。

7そして、視点と複数の次元点にはつながりがあり、やり取りがある。ゆえに、新しい複数の次元点がつくられる。ゆえに、コミュニケーションがある。

8ゆえに、光がある。

9ゆえに、エネルギーがある。

10ゆえに、生命がある。

11しかし、他にも視点が複数あり、そしてこれらの視点は見る点を外に投げる。 そして視点間でのやり取りが生じるが、そのやり取りは、次元点の交換に関する以外の何ものでもない。

12次元点は、視点によって動かすことができる。なぜなら、視点は、創造する能力とコンシダレーションに加え、決断力を持ち、潜在的に独立して行動できるからである。そして、複数の次元点を見ている視点は、それ自身の次元点、他の複数の次元点、または複数の視点との関係において変化することができ、ゆえに、動きに関する現存のすべての基本が生じる。

13次元点はそれぞれひとつひとつが、その大小にかかわらず固体である。 唯一それは、それらの視点が、それらは固体と言うがために、固体なのである。

14多くの次元点が結合し、より大きな気体、液体、あるいは固体となる。ゆえに、物質がある。 しかし最も価値の与えられている点は賞賛であり、そして賞賛はあまりに強力であるため、その不在それだけで何かが存在し続けることを許す。

15次元点は、他の複数の次元点とは異なることがあり、ゆえにそれは、独自の質を有することができる。 また、多くの次元点が類似した質を有することもでき、またその他の次元点がそれら自身に類似した質を有することができる。 ゆえに、物質の種類という質が生じる。

16視点は次元点を結合させて形態にすることができる。形態は単純にも複雑にもなり得る。そして形態は、視点から異なった距離にあり得、そのようにして形態の組み合わせが複数可能になる。 そして形態は動きを持つことができ、視点は動きを持つことができ、そのようにして形態の動きが可能になる。

17そして、その視点の意見は、形態、それらの静止した状態、またはそれらの動きに関するコンシダレーションを統制する。またこれらのコンシダレーションは、美しさや醜さを形態に割り当てることから成り立ち、そしてこれらのコンシダレーションはそれだけで芸術である。

18これらの形態のいくつかは存在し続けるべきだというのは、複数の視点の意見である。 ゆえに、生存がある。

19そして、視点は決して消滅できないが、その形態は消滅できる。

20そして、相互作用している多くの視点は、互いの形態に依存するようになり、次元点の所有権を完全に区別する選択をせず、そのようにして、その複数の次元点およびその他の複数の視点への依存が生じる。

21このことから、次元点の相互作用に関して視点間の合意が生じ、その規則化されたものが時間である。

22そして、複数の宇宙がある。

23したがって、その宇宙は3つ存在する。ひとつの視点によって創造された宇宙。それぞれの他の視点によって創造された宇宙。複数の視点の相互作用によって創造され、それを維持することに同意がなされている宇宙 ― 物質宇宙。

24そしてそれらの視点は決して見えない。 そしてそれらの視点はますます、次元点に価値があると考える。 そしてそれらの視点は、複数のアンカー・ポイントになろうとし、自分がより多くの点や空間、形態を創造できることを忘れてしまう。 ゆえに、欠乏が生じる。 そしてそれらの次元点は消滅するかもしれず、よってそれらの視点は自分も消滅するかもしれないと思い込む。

25ゆえに、死が生じる。

26よって喜びと痛み、思考と感情と努力、思考すること、感覚、親愛の情、現実性、コミュニケーション、振舞いと存在すること、これらの現象が生じる。私たちの宇宙の謎は、どうやらこの中に含まれ、答えられているようである。

27そこには存在性があるが、人間は、なるということだけが存在すると信じている。

28これによってもたらされたあらゆる問題に対する解決策は、複数の視点と次元点とを確立させること、複数の次元点間の状態と相互関係を向上させることであり、結果として、視点も同様に向上させることであり、すべてのものの潤沢さか欠乏を(それが心地よくても不快でも)矯正することである。それは、視点が見る点を身に付ける能力をリハビリすること、またどのような類いの複数の次元点であれ、その視点の決定によって、それを創造し、非創造し、無視し、スタートし、チェンジし、ストップする能力をリハビリすることで行われる。 3つの宇宙すべてに関する確信は回復されなくてはならない。なぜなら、データではなく、確信が知識だからである。

29視点の意見においては、どのような存在性も、どのような物事も、何もないよりはよい、どのような影響でも何も影響がないよりはよい、どのような宇宙でも何も宇宙がないよりはよい、どのような粒子でも何も粒子がないよりはよい、しかし賞賛の粒子はすべての中でも最高のものである。

30そして、これらのことの上には、推測しかないであろう。 そして、これらのことより下には、ゲームのプレーというものがある。 しかし、ここで書かれたこれらのことは、人間が体験し、知ることのできるものである。 そして、これらのことを教えたいと思う者もいるかもしれない。これらを苦悩しているものを手助けするのに使いたいと思う者もいるかもしれない。これらを個人と組織をより有能にするために用いることを望む者もいるかもしれない。そのようにして、地球が誇ることのできる文化を地球にもたらすことが可能となるだろう。

L. ロン ハバードより
人類への贈り物として、謹んで捧ぐ
1953年4月23日

白書をダウンロード